日本の税金について考えてみるのが目的です。


by WORLDWMATE007
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近の出来事

道路を造るためには土地の買収と原材料の調達、施工機器の調達、
道路の設計、地質調査、都市計画、交通量の調査、施工監理、
工事担当者が密接に関係してうまく仕事をこなしている。

仕事を生み出すガイドラインをつくるのは国の仕事。
ガイドラインに基づいて民間の企業が道路を作っていく。

民間の企業が仕事をつくためには自由競争がある。
自由競争に参加するためには認可が必要だ。

認可を手に入れても仕事にありつくことができるのは一部の企業だ。
うまく仕事をこなせるように手配するのが仲介役だ。

仲介役を通して政治結社に政治資金が調達される。
道路を造るための予算にはあらかじめ政治献金の枠が盛り込まれている。

工事単価の1%から5%
多いときは10%

合理的にうまく回収できる仕組みがある。
下請け業者を始め関連企業からいろいろな名目で政治献金が生まれる。

工事関係者なら誰でもしっている話だが、
地域住民対策費など政治結社を通して政治資金が調達されることがある

道路工事に伴う水道工事 下水道工事 標識設置工事 道路清掃作業
道路維持作業など関連する仕事にもすべて政治資金の予算が組み込まれている。

私たちの支払うガソリン税 消費税などが財源となって施行される道路工事。
1億円の単価なら 1000万円は企業の利益
5000万円は人件費
1000万円は政治献金となる地域対策費 事務用品や備品代
2000万円は材料費
1000万円は重機や運搬車両

この中の材料費2000万円には消費税が含まれている
重機や運搬車両の燃料にもガソリン税、消費税が使われいる
企業の利益の中には政治献金が含まれている

面白いことは、企業を運営している人たちの血縁の多くが
政治結社にかかわりがあり、入札に影響力のある公務員が多いことだ。
さらに宗教団体が関係していることもある。

血縁とは本当の血のつながりと義理のつながりが含まれる。

消費税が5%
この消費税を適用する範囲を賢く規定しない限り
民間のお金は一部の政治結社の活動資金になり続ける

私は地は人を批判した中傷したりする必要はない。
なぜなら、税金を納めるときにすべてを理解した上で
すべてを許した上で 
より素晴らしい社会ができるように
より素晴らしい道ができるように
夢と希望を込めて
消費税を納めるだけでよいのだ

私たちはたとえどのような人の手に消費税が財源となるお金が渡ったとしても
必ず素晴らしい社会が建設され 
必ず素晴らしい政治家に成長し
必ず素晴らしい国家に成長するように
意識してお金に私たちの素晴らしい思いを込めればいいだけのこと

政治家を批判しても政治家は変わらない
公務員を批判しても公務員は変わらない

しかし国民の多くの意識が変わり
消費税に対する思いが変わるとき

日本の国は世界に誇ることができる
資本主義社会になっていることだろう

資本の有効な使い方ができる
ものを大事にする
心を大事にする
古き良きも野を大事にする
民族性が現れ
不正を恥とする国家が世界に知られることだろう

先進国として
キリスト教国や
イスラム教国に
恥じることのない
素晴らしい人間性と社会性と国民性を持っていることだろう

消費税一つにしても
日本国家運営の協賛者として
立派に世界に貢献できる国となることだろう



つづく...
[PR]
# by WORLDWMATE007 | 2004-11-22 21:32 | 税金